2006年08月30日

PSP THE どこでも推理〜IT探偵:全68の事件簿〜

友人に借りてやりました。
THE どこでも推理〜IT探偵:全68の事件
PS、PS2で出ていた3本と、
追加の10話ということでした。
お得ですねぇ。って買ってないけど(笑)

面白かった♪

プレイヤーは客の少ない(笑)探偵事務所のボス。
「擬人」と呼ばれるプログラムである秘書の「ジニー」と
「ネットペット型ウイルス」である検索機能を持つ猫の「賢作」
の3人で推理していく感じです。
2、3と進むとまたキャラクターが増えて
その限りではありませんが。
基本1話完結で
事件の手がかりとなるのはほとんどが
証言と写真のみで推理していきます。

やるごとにキャラクターに愛着がわきました。
猫の賢作、目つき悪くてかわいくないのに、
いつのまにかすっかりなじんでしまいました。
「なのニャ」とかって猫ことばは
どこでもいっしょのトロでおなじみだからか?!
賢作に
「シンキングタイムなのニャー!」
と言われるのは、
最初はうっとうしかったのに、
ないと淋しくなってました(笑)

シリーズ通して伏線を張ってあるストーリーがあり、
特にシリーズの始まりに回帰してゆく
最終話にはうならせていただきました。

後日談もオチ的によかったです。

時々難しい調査もありましたが、
大体サックリやれます。
どーしても分からない時は
ネットで攻略検索して助けてもらいました(笑)

重苦しい事件は多くはないので、
気軽に楽しくやれました。
うん、やっぱりお買い得!!
(いやだからアンタは買ってないって!)


banner_03.gif

posted by アヤタ at 21:19| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | PSP・ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: どこでもいっしょどこでもいっしょは1999年7月22日にソニー・コンピュータエンタテインメントが発売した、プレイステーション用ゲームソフト。通称「どこいつ」。.wikilis{font-size:10..
Weblog: PSPソフトマニア
Tracked: 2007-09-30 19:15

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。